memoQ blog

Antidoteのインテグレーション: 強力な校正ツールがWebTransで利用可能に

memoQ
memoQ - 09/06/2021

3 minute read

Antidoteのインテグレーション: 強力な校正ツールがWebTransで利用可能に

市場をリードする、英語とフランス語のライティング支援パッケージソフトウェアであるAntidoteが、memoQWebベース翻訳環境であるWebTrans統合して利用できるようになりました。110,000語以上の単語、16,000以上のターゲットエラー、1,500,000語以上の同義語を含むこのソリューションは、フランス語圏のリンギストに広く使用されており、正確な言語やタイポグラフィ、スタイルの診断に定評があります。 

WebTransユーザーには欠かせない校正ツール 

MS Wordに搭載されている校正機能に代わる本格的な機能を備えているAntidote Correctorは、英語やフランス語を専門とする、特にカナダの翻訳者やレビュー担当者にとって、まさに必需品です。シンプルなインターフェースが特長のAntidoteは、最初にテキストを大まかに分類してから、各単語を調べて、スペルや文法、句読点、タイポグラフィの間違いを検出する、強力な分析機能を実行します。 

memoQ 9.1のリリース以降、Antidote CorrectormemoQクライアントと統合できるようになったので、その場で翻訳のチェックと修正を行えます。しかし今まで、Antidote CorrectorWebTransでも使いたいというご要望をmemoQのユーザーコミュニティから、特に、Webベースの翻訳エディタでAntidoteにアクセスする必要がある翻訳チームを社内外に有する企業ユーザーからいただいていました。 

AntidotememoQのインテグレーションステップバイステップガイド 

インテグレーションプロセスを完了させるには、Antidoteのアカウントと、コンピュータにインストールされているConnectix Agentが必要です。Connectix Agentは、利用するアカウントがAntidoteのデスクトップバージョンとWebバージョンの両方へのアクセスを許可する場合に、どちらに接続するかを選択するために使用します。ブラウザの拡張機能がインストールされると、memoQクライアントと同様にWebTransにもAntidoteアイコンが表示されます。  

Connectix Agentでデスクトップバージョンを選択している場合は、WebTransAntidoteのアイコンをクリックするとAntidoteのデスクトップバージョンが開き、WebTransの翻訳グリッドと全く同じターゲット言語の行が表示されます。Webバージョンを選択している場合は、WebベースのAntidote Correctorが開き、WebTransの翻訳グリッドに表示されているターゲット言語の行が表示されます。 

Antidote Correctorのウィンドウが開いている間は、インテグレーションによってWebTransAntidoteの間で完全かつ継続的な同期が行われます。つまり、WebTransの行のターゲット言語側のコンテンツを変更すると、それに応じてAntidoteの対応する行も変更され、その逆も同様です。 

 

もっと知りたいと思いませんか?

ご連絡ください!

memoQ 9.8

memoQ

memoQ

memoQ is among the world's leading translation management systems. The favorite computer-assisted translation tool of many translators around the globe.